絣糸(かすりいと)

絣糸(かすりいと)とは、絣模様の織りに使用される糸のこと。
絞り染、板締め染によって染められる。
絞り染とは麻糸、綿糸などを使ってところどころ強く絞り、これを浸染する方法である。
板締めとは、防染(ぼうせん)する部分を締め付けて、これを侵染または注染して絣糸を作る。



もしかして? 絣糸(かすりいと)関連用語一覧
絣糸(かすりいと)と関係があるかもしれないファッション用語の一覧です。

  1. 生糸(きいと)
  2. 加工糸(かこうし)
  3. 化学繊維
  4. 海東綿(かいとうめん)
  5. 改質線維

絣糸(かすりいと)に関するQ&A・クチコミ

絣糸(かすりいと)に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

ウールの着物について
前回質問の続き【織物】…昔私が娘時代(昭和45年頃)に私の母が作ってくれた長着が、どういう織物で、産地などが分かればうれしいです。
私が幼い頃、祖母が絹の屑糸を袋いっぱいに詰めて持って帰ってきました。
絣についておしえてください。
紬のキモノについてあれこれ教えてください
結城紬について質問です。
リサイクル着物や人から頂いた物を着ている着物男子です。 今回、濃い紺色(薄暗い所では黒に見える程)の着物を頂き、 これに袴を合わせたいと考え …
生紬の定義を教えてください。
Webサービス by Yahoo! JAPAN