スカート男子・メンズスカートを否定する理由 …

2011年07月20日 Q.質問
スカート男子・メンズスカートを否定する理由がよく分かりません。確かに、現在の所日本では主に女性がスカートを穿く事になっています。女性の場合スカートは確かに似合っている人が多いとは思います。しかし、だからと言って男性が穿いたら似合わないという事には、なり得ません。似合わない人もいるかも知れないが、似合う人もいるかも知れません。現代でも残っていて一定の評価を得ているものだと、スコットランドの民族衣装のキルトが有名です。それ以外だと、昔のギリシアの民族衣装とかだと、男の人が普通にミニスカートを穿いていて、あれも一部の人は恰好良いと言っています。無論、そういった文化が現在日本にある訳ではありませんが、日本人の目から見ても一部では評価されている物ですし、少なくとも直ちにそれらが恰好悪いとか似合わないという意味にはなりえませんし、実際最低でもこの二つに関しては、「男性に似合う」と言って差し支えないでしょう。あくまで、実物を目にはしにくい、というだけで、そこは文化的な問題は関係ないと思います。また、いざ誰かが「スカートを穿きたい」「男の人が普通に穿くようになると良い」というと、それをなんじゃかんじゃと否定する人がいますが、あれも不思議です。特に穿きたく無い人にまで強要する訳ではなくて、穿きたい人だけが穿けばいい問題なのに、なぜそんなに必死になるのかよくわかりません。選択肢が減ればそれを選びたい人が困るだろうけど、既存の選択肢を残したまま、新たな選択肢のみが増える事にマイナス点はないし、嫌ならその選択肢を選ばなければ、それで済んでしまうのに、何が悪いのでしょうか?穿いている人と、本当は穿きたいんだけど、ともやもやしている人だけが、その選択肢を選べば困らないと思います。似合う証拠こそあれど似合わない証拠もないし、穿きたく無い人にまで穿けとは言っていないのに、なぜ否定的な意見が多いのでしょうか?
2011年08月03日 A.回答
簡単なことです。日本が単一民族で保守的な性格だからです。異文化や新しい事に否定的で、とりあえず否定から入るのが普通だからです。それでも、なにかメリットがあったりデメリットが少なければ受け入れるでしょうね。スカート男子がどうだではなく、「新しい異質なメリットの無いモノに否定的」なのです。別に否定はしません。「スカートを穿きたい」「男の人が普通に穿くようになると良い」とのことですが、それ自体は否定しません。ただ、保守的な日本で穿くのですからそれ相応の覚悟をしてください。昔、日本人の若者がジーンズを穿くのにどれだけ苦労したと思うのです?それくらいの覚悟は最低でも必要です。
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。