スーツのタイプ ・ナローラペル ・ピークド …

2009年08月28日 Q.質問
スーツのタイプ ・ナローラペル ・ピークドラペル ・クラシックモデル ・ブリティッシュスタイル などスーツのタイプがあるのですが、なにがどのように違うのでしょうか。 細身のタイプとかってあるのでしょうか。 違いがよくわからなくどれにしようか迷っています。 とりあえず細身のタイプのスーツがほしいのですが、詳しい方教えていただけませんでしょうか。
2009年09月11日 A.回答
私も素人なのであまり詳しくはありませんが・・・その点は大目に見てくださいw まず上の二つのラペルですが、非常にざっくりとした言い方をするとスーツのタイプではなくジャケットの衿(えり)の形を指します。 一般的に広く知られている形はノッチドラペルと呼ばれリクルートスーツの大半はこの形です。 こんなかんじです。 http://www18.big.or.jp/~pitty/design/jacket/lapel/notti.html ピークド・ラペル(日本では剣衿)は衿の先が鋭くとがった衿のことです。 こんな感じです。 http://www18.big.or.jp/~pitty/design/jacket/lapel/piiku.html ノッチドラペルと比べ、形が目立つので人とはちょっと違ったスタイルをしたいという方にはいいかもしれません。 ただ、目立つので就職活動や社会人1年目に着るには少し向かないかも。 ナロータイプというのはラペルの幅の広さです。 一般的にラペルの幅が狭い(ナロー)とシャープ、洗練された感じに見え、 広い(ワイド)とどっしりとした安定感、威厳が出ると言われています。 朝のニュース司会者のスーツとか見ると結構わかります。 ちなみに某局の黒い司会者は冗談みたいに幅が広いです。 ラペルの形は見た目の印象が大きく変わる重要なポイントなのでぜひこだわってください。 また、他にも色々なラペルの形があるので、自分の気に入ったラペルを見つけるのも楽しいです。 ブリティッシュスタイルやクラシックモデルについてはこちらのHPを参考にして頂くとわかりやすいと思います。 http://www.vightex.com/a/00/index.html 既製品のスーツですと日本のスーツはアメリカ風、イギリス風が多いと感じます。 個人的にカジュアルの印象が強いイタリア式はスーツを着慣れた上級者向けという気がします。 さて、細身のタイプのスーツですがどう細いものが欲しいかが大事です。 ウエストが細いのか、肩幅が細いのか、腕が細いのか、パンツが細いのか、または細く見えればいいのか。 全部細いと確かにスリムにはなりますが、体系によっては貧弱に見えてしまったり、見るからにきつそうに見えたりします。 これはご自身の体型を考慮に入れながら体型に合ったスーツを選ぶのがベストです。 生地の種類や柄によっても見た目が劇的に変わります。 一度専門店に足を運ばれて、色々相談してみるといいと思います。 先にも記載しましたが、こちらのお店はわかりやすく記載されているので一度見て頂くといいかと。ご参考までに。 http://www.vightex.com/index.html
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。