ジャケット・ベスト ファッション辞典



MA-1ジャケット

MA-1ジャケットとは、ミリタリージャケット(フライとじぇけっと)の中でも知名度が高い。冷気を遮断する特殊なナイロンを用いており、動きやすさも重視している。衿と袖はリブ編、ジッパー、左右にフラップポケットと左袖にはペン用のポケットが付く。

>>MA-1ジャケットについての用語解説を読む




ウインドブレーカー

ウインドブレーカーとは、もともとはアメリカの洋服メーカーの商標。スポーツ選手だのが防風・防寒目的で着用するタイプのジャケットでナイロンや防水加工された生地で作られているのが特徴。

>>ウインドブレーカーについての用語解説を読む




カマーベスト

カマーベストとは、礼装の一種で、タキシードで用いられるベストのこと。カマーバンドの代用品として用いられる。もともとはカマーバンドをまねてベスト状としたのが始まり。

>>カマーベストについての用語解説を読む




カラーレスジャケット

カラーレスジャケットとは、カラー(衿)がレス(ない)という意味で衿の無いジャケットの総称。でカーディガンジャケットなどがカラーレスジャケットの代表的存在。ビートルズが着用していたことで有名になった。

>>カラーレスジャケットについての用語解説を読む




カーゴジャケット

カーゴジャケットとは、カーゴ(貨物)のことを指し、もともとは貨物船の乗組員が着用していたワークジャケットのことを指す。

>>カーゴジャケットについての用語解説を読む




クラブジャケット

クラブジャケットとはブレザーの別名。もともとブレザーがスポーツクラブなどのユニフォームとして用いられてきたことからクラブジャケットと呼ばれる。現在でもヨーロッパ地方ではブレザーのことをクラブジャケットと呼ぶことが多い。

>>クラブジャケットについての用語解説を読む




グランドジャンパー

グランドジャンパーとは、従来はグラウンドジャンパーと呼ばれる運動場等で着る防寒用のジャンパーのこと。一般的にはチーム名やロゴなどを貼り付けたものが多い。野球選手が多く用いることからベースボールジャケットとも呼ばれる。

>>グランドジャンパーについての用語解説を読む




コートジャケット

コートジャケットとは、ジャケットとコートの中間として利用するタイプの上着。トレンチコートをジャケット風にしたデザインしたものが主流であるが、まったく新しいデザインのものも近年多く見られる。

>>コートジャケットについての用語解説を読む




サファリジャケット

サファリジャケットとは、シャツ衿、シャツカフスでエポーレット、共ベルトつきの機能的なジャケットのことをを指す。シャツジャケットの代表的なアイテムで、カジュアルな上着として利用されている。ブッシュジャケットと呼ばれることもある。

>>サファリジャケットについての用語解説を読む




シャツジャケット

シャツジャケットとはシャツ風のジャケットという意味で、シャツの生地を使ってテーラードジャケットの風合いを出したものやスタイルがシャツの形をしているジャケットのことをさす。サファリジャケットなどが一般的。

>>シャツジャケットについての用語解説を読む




シュノーケルジャケット

シュノーケルジャケットとは、スノーケルジャケットとも呼ばれる寒冷地用のフライトジャケットのこと。米国陸軍で採用されている。毛足の高いボアつきのフードとハンドウォーマーポケット、左袖のシガレットポケットなどが特徴的。

>>シュノーケルジャケットについての用語解説を読む




シューティングジャケット

シューティングジャケットとは、射撃・狩猟用のジャケットという意味で、ハンティングジャケットとも呼ばれる。ツイードやコーデュロイなどの素材が多く用いられ、レザーのガンパッチ(肩当て)、エルボーパッチ(肘当て)を備える。

>>シューティングジャケットについての用語解説を読む




ジップアップジャケット

ジップアップジャケットとは、前部分をボタンでなくジッパーで留めるようにしているジャケットの総称でジャンパーやパーカー類などにこのデザインのものが多い。

>>ジップアップジャケットについての用語解説を読む




ジャンパー

ジャンパーとは、ウエストまたはヒップ丈のショートジャケットのことを指す。17世紀のイギリス軍服として利用されていたジャンプが原型とされる。実用的なショートタイプのジャケットのことをジャンパーと呼ぶ。

>>ジャンパーについての用語解説を読む




ジージャン

ジージャンとは、ジーンズジャンパー、ジーンジャケットと呼ばれるデニム鮭との事を指す。デニム地で作られたウエスト丈のジャンパーで両方の胸ににパッチ&フラップポケットがあり、ジーンズ(ジーパン)と同じステッチワークが施されているのが原型とされる。

>>ジージャンについての用語解説を読む




スイングトップ

スイングトップとは、ゴルフジャンパーとして知られるジップフロント、ラグランスリーブのジャンパーのことを指す。なお、スイングトップという呼び名は日本独自のもので、米国ではドリズラージャケットと呼ばれている。

>>スイングトップについての用語解説を読む




スタジアムジャンパー

スタジアムジャンパーとは、スタジャン、スタジアムコートなども呼ばれ、本来は競技場などでスポーツ選手が着用する防寒着としてデザインされたもの。胸にアルファベット文字やチームのワッペン、背中にはネームなどを入れるデザインが主流。

>>スタジアムジャンパーについての用語解説を読む




スモーキングジャケット

スモーキングジャケットとは、19世紀のイギリスで食後の喫煙を楽しむためのくつろぎ着のことを指す。男性用のジャケットであり、これが元となってタキシードが考案されたとされている。フランスやドイツなどではタキシードのことをスモーキングと呼ぶこともある。

>>スモーキングジャケットについての用語解説を読む




セーターブルゾン

セーターブルゾンとは、編んで作られたブルゾンのことを指す。布地として使うニットではなく、ブルゾンの形に編み上げたニットのことをさす。ニットブルゾンとも呼ばれる。

>>セーターブルゾンについての用語解説を読む




ソフトブレザー

ソフトブレザーとは、肩パッドや裏地などを除いたブレザーや、ジャケット用の生地ではなく、シャツ用の生地を用いることで付く荒れた柔らかなブレザーのことを指す。シャツブレザーとも呼ばれることがある。

>>ソフトブレザーについての用語解説を読む




ダウンジャケット

ダウンジャケットとは、ダウン(鳥の胸毛・羽毛)をキルティングしてジャケット上にしたものを指す。もともとは寒冷地における防寒服として作られたものだが、近年ではファッション性から冬のファッションアイテムとして一般化している。なお、ダウンジャケットをベスト状にしたものはダウンベストと呼ぶ。

>>ダウンジャケットについての用語解説を読む




ツートーンジャンパー

ツートーンジャンパーとは、ツートーン(二色の組み合わせ)で作られたジャンパーという意味。スタジアムジャンパーなどのように、全体と袖の部分などが色違いとなっているジャンパーの総称。

>>ツートーンジャンパーについての用語解説を読む




テニスジャケット

テニスジャケットとは、テニス用に作られたスポーティな上着の総称。白のフランネル素材で作られるのが一般的なブレザータイプのジャケット。

>>テニスジャケットについての用語解説を読む




テーラードジャケット

テーラードジャケットとは、紳士服仕立て(テーラード)されたジャケットの総称。紳士服(背広)のようにデザインされているジャケットのことを指しており、硬い感じに仕上げた上着のことを呼ぶ。

>>テーラードジャケットについての用語解説を読む




ディナージャケット

ディナージャケットとは、イギリスにおけるタキシードの呼び方。燕尾服の後ろ裾を切り落とした形から作られたもの。スモーキングジャケットをモデルとして生まれたとされている。

>>ディナージャケットについての用語解説を読む




トルソージャケット

トルソージャケットとは、体に剃って伸びるシルエットが特徴的な婦人用のジャケットのこと。ロングトルソーとも呼ばれることがある。

>>トルソージャケットについての用語解説を読む




トレンチジャック

トレンチジャックとはコートタイプのカジュアルなジャケットの一つで、トレンチコートにおけるウエストから下部分を切り離したデザインとなったショートジャケットのことを指す。

>>トレンチジャックについての用語解説を読む




ドリズラージャケット

ドリズラージャケットとは、日本ではスイングトップジャケットと呼ばれるもののアメリカでの呼び名。もともとはゴルファーの小雨対策具として米国のスポーツウェアメーカーが「ドリズラーゴルファー」という商品を販売したのが最初といわれる。近年では、ゴルフだけでなく、ファッションアイテムとしても定番となっている。

>>ドリズラージャケットについての用語解説を読む




ノーフォークジャケット

ノーフォークジャケットとは、19世紀~20世紀に掛けてイギリスにおいて狩猟やゴルフ用の上着として着用されたジャケットのこと。シューティングジャケットの一つにも挙げられる。肩から脇ポケットに掛けて配したベルトと、前方にあるウエストベルトが特徴。

>>ノーフォークジャケットについての用語解説を読む




ハンティングジャケット

ハンティングジャケットとは、狩猟用のジャケットのこと。テーラードタイプのカジュアルジャケットとしても知られており、ツイード地を用いる他、狩猟用のためのガンパッチやエルボーパッチなどのデザインが特徴。シューティングジャケットとも呼ばれる。

>>ハンティングジャケットについての用語解説を読む




バトルジャケット

バトルジャケットとはその名前の通りバトル=戦闘用のジャケットという意味。第2次大戦時にアメリカ陸軍が愛用した機能的なウエスト丈のジャケットとして開発され、戦後ライダージャケットやカジュアルジャケットとしても用いられるようになった。

>>バトルジャケットについての用語解説を読む




パーカー

パーカーとは、もともとエスキモーの人が着用したトナカイの毛皮で作られた防寒着のことをさすが、現在では、フードつきの上着の総称となっている。一般的には防寒、防水、防風の素材で作られることが多い。

>>パーカーについての用語解説を読む




フィッシングジャケット

フィッシングジャケットとは、魚釣り(フィッシング)用のジャケット。釣り針や各種道具などを入れるためのポケットが多数付けられているのが特徴で、きわめて実用的な形となっている。また、防水に優れた素材が生地として使われるのも特徴として挙げられる。

>>フィッシングジャケットについての用語解説を読む




フィッシングベスト

フィッシングベストとは、魚釣り(フィッシング)に使われる機能的なアウターベストのこと。防水加工された丈夫な生地が用いられ、多数のポケットがつくのが特徴。機能性が高いことから近年えは、本来の目的以外にファッション目的で利用されることも多い。

>>フィッシングベストについての用語解説を読む




フォーマルジャケット

フォーマルジャケットとは、正式な場で用いるためのジャケットの総称。改まった場所や場面で用いられるジャケットでディナージャケット(タキシード)がその代表格して挙げられる。

>>フォーマルジャケットについての用語解説を読む




フライトジャケット

フライトジャケットとは、飛行機に乗る人(操縦する人)用のジャケットという意味であり、フライ印具ジャケットなどとも呼ばれる。多くは第2次世界大戦期に製造されたものが多く、様々なタイプがある。近年では、その機能性から一般のファッションジャケットとしても定着している。

>>フライトジャケットについての用語解説を読む




ブルゾン

ブルゾンとは、フランス語で「短い上着」という意味がある。ジャンパーと同義だが、裾あたりにたるみを入れてベルトやタックなどでウエストを絞ったジャケットのことを指す場合がある。日本では、ファッション性の高いショートジャケットという意味で用いられることの方が多い。

>>ブルゾンについての用語解説を読む




ブレザー

ブレザーとは、スポーツジャケットの一種で、テーラードタイプのスポーティなジャケットのことを指す。シングルブレストまたはダブルブレストとなっており、金属製のボタンにパッチポケット、エンブレムが特徴。

>>ブレザーについての用語解説を読む




ベンチウォーマー

ベンチウォーマーとは、ウインタースポーツにおいて、ベンチにいる選手が防寒着として用いる上着のこと。もともとはアメリカンフットボールの選手が待機の際に着用した長めのジャケットのことを差う。厚手の生地を1枚仕立てにした、プルオーバー型のジャケットを指す。

>>ベンチウォーマーについての用語解説を読む




ペプラムジャケット

ペプラムジャケットとは、ブラウスなどでウエスト下の部分にフレアーの入った部分やそのデザインまたは、そうしたデザインをもちいたジャケットのことを指す。

>>ペプラムジャケットについての用語解説を読む




ボタンワンダブル

ボタンワンダブルとは、ダブルブレストタイプのジャケットで、前あわせに使われるボタンが一つだけとなった形のジャケットを指す。30年代に流行したタイプだが、近年でも様々なジャケットに活用されている。

>>ボタンワンダブルについての用語解説を読む




ボレロ

ボレロとは、婦人服や子供服などにある丈が短めの前秋タイプの上着のこと。ボレロの多くは襟がないものが多く、簡単な上着として用いられる。スペインの闘牛士の服装に代表される。

>>ボレロについての用語解説を読む




マウンテンパーカー

マウンテンパーカーとは、アウトドアで活用できる機能性の高いフードつきのジャケットのこと。防風性と防水性を兼ね備えた素材で作られることが多い。アメリカのシェラ・デザイン社の製品が原型とされる。

>>マウンテンパーカーについての用語解説を読む




モーニングジャケット

モーニングジャケットとは、モーニングコートをモチーフとしてデザインされたジャケットのこと。なお、礼装とはされておらず、カジュアルな上着として扱われる。

>>モーニングジャケットについての用語解説を読む




ヨットパーカー

ヨットパーカーとは、ヨットをはじめとした船に乗る際に着られるフード付きのジャケットのこと。セイリングパーカー、マリナーパーカーなど様々な呼び名がある。フードや裾部分に紐を通してあるデザインが特徴で、防風機能が充実しているのが特徴。

>>ヨットパーカーについての用語解説を読む




ライダースジャケット

ライダースジャケットとは、バイクに乗る人用のジャケットという意味で、機能的な革製のショートジャケットのことを指す。バトルジャケットなどの軍隊のジャンパーをモチーフとしており、多くはダブルブレストで、前部分をジッパーで留めるものが一般的。

>>ライダースジャケットについての用語解説を読む




リーファージャケット

リーファージャケットとは、もともとは「帆をあげる人」という意味でイギリスの海軍少尉候補が着用する制服のこと。ダブルブレストの6ボタン型で厚手の紡毛織物のボックスコートのことを指す。現在では、上記の条件を満たすダブルステッチのジャケットのことを指す。

>>リーファージャケットについての用語解説を読む




レザージャケット

レザージャケットとは、その名前の通り革製のジャケットの総称。狭義にはレザージャケットと呼ばれる場合は哺乳類のなめし革を使ったものが該当し、広義にはスエード地や他の全ての動物の皮で作られたジャケットのことを指す。

>>レザージャケットについての用語解説を読む




ワイルドジャケット

ワイルドジャケットとは、野生的なイメージを強調したジャケットのことをさす。女性用のブルゾンとされており、レザーやスエード地を用いたもので爬虫類柄などの加工をしたものが多い。

>>ワイルドジャケットについての用語解説を読む