生糸(きいと)

蚕(かいこ)の繭から繰りとったままの、精練されていない糸のことを指す。
この生糸を精練することにより、セリシンが除去去れtえ絹製品となるもので、生糸のまま織った後で精練するものを「後練り(あとねり)」といい、精錬した状態で織るものを「先練り(さきねり)」という。



もしかして? 生糸(きいと)関連用語一覧
生糸(きいと)と関係があるかもしれないファッション用語の一覧です。

  1. 加工糸(かこうし)
  2. 化学繊維
  3. 海東綿(かいとうめん)
  4. 改質線維
  5. オーガンジー撚り

生糸(きいと)に関するQ&A・クチコミ

生糸(きいと)に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

娘の為にネットで、振袖用袋帯を通販しました。お値段は6万弱でした。
地機の結城紬が欲しいです。
着物で生糸と練糸で織る~と言う説明書きを見たのですがこの二つの糸で織ると生糸だけもしくは練糸だけで織った場合とくらべてどうなるのですか、ご存 …
ウェディングドレス・着物などに使われている化学繊維・中国産シルク・日本産シルクの中で一番安価なのと、一番高価なのはどれですか?
生紬の定義を教えてください。
呉服屋の店員さん教えて下さい。
Webサービス by Yahoo! JAPAN