仮り撚り加工糸(かりよりかこうし)

仮り撚り加工糸(かりよりかこうし)とは、合成繊維のフィラメントに、熱可塑性を利用してかさ高性、伸縮性を持たせるよう加工された糸で、その加工方法が撚り法によるものを指す。
また、仮り撚り法とは、「フィラメント糸に3000~4000回/m程度の撚りをかけ、熱セットした後に撚りを戻すと、細かいクリンプを生じてふっくらしたかさ高い糸になり、また伸縮性が生じる」という原理を応用した加工法のことをいう。



もしかして? 仮り撚り加工糸(かりよりかこうし)関連用語一覧
仮り撚り加工糸(かりよりかこうし)と関係があるかもしれないファッション用語の一覧です。

  1. 生糸(きいと)
  2. 加工糸(かこうし)
  3. 化学繊維
  4. 海東綿(かいとうめん)
  5. 改質線維

仮り撚り加工糸(かりよりかこうし)に関するQ&A・クチコミ

仮り撚り加工糸(かりよりかこうし)に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

見つかりませんでした