壁糸(かべいと)

壁糸(かべいと)とは、強い下撚りをかけた糸と撚りのない糸を引き揃えて、下撚りと反対方向の上撚りをかけた糸のことで、意匠糸の一種である。
これは、1本の糸のまわりにもう1本の糸が波状に巻きついた形の糸となる。
生糸に用いられることが多く、壁縮緬(かべちりめん)、壁風通(かべふうつう)などのよこ糸に用いられる。



もしかして? 壁糸(かべいと)関連用語一覧
壁糸(かべいと)と関係があるかもしれないファッション用語の一覧です。

  1. 生糸(きいと)
  2. 加工糸(かこうし)
  3. 化学繊維
  4. 海東綿(かいとうめん)
  5. 改質線維

壁糸(かべいと)に関するQ&A・クチコミ

壁糸(かべいと)に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

1度着ただけでダメになってしまったワンピースについて、ショップに文句を言ってもいいのでしょうか?
Webサービス by Yahoo! JAPAN