ハンティングキャップ

ハンティングキャップとは、前傾したクラウン(山部)と、短い前びさしが特徴とされる帽子。
本来は狩猟(ハンティング)用の帽子として用いられたもので、日本ではハンチング、鳥打ち帽と呼ばれる。
ハンティングキャップのクラウンは、1枚の布や革でできた一枚天井か、または頭頂部をボタンで留めた6枚、8枚はぎで作られることが多い。



もしかして? ハンティングキャップ関連用語一覧
ハンティングキャップと関係があるかもしれないファッション用語の一覧です。

  1. ゴブハット
  2. ケピ
  3. コサックキャップ
  4. クロッシュ
  5. クルーハット

ハンティングキャップに関するQ&A・クチコミ

ハンティングキャップに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

服について。
ハンティング風のワークキャップ探してます。
帽子の種類がわかりません。
あなたの洋服の大定番10選を教えてください。
帽子(キャップやハンティング)を保管する時のいい方法がありますか。普通におくだけだと潰れてなかなか元に戻らないのでこまります。
グレー色ののワークキャップを楽天で探してます。
コーデで悩んでいます。
Webサービス by Yahoo! JAPAN